292 宝満山に登って一泊してみたのです(後編)

登るのです

image
■291 宝満山に登って一泊してみたのです(前編) | almostdead

前回までのあらすじ。

「外で寝たいけど町中だと
お回りさんに声かけられるので山へ行こう」


世知辛い世の中です。

それはそれとして早速登って行きたいと思います。



続きを読む


291 宝満山に登って一泊してみたのです(前編)

外で寝たいのです

image
先日テストしたツェルトが良好だったので
荷物を担いで山で一泊してみることにしました。

■283 ツェルトを使って甘く痛い目を見てきたのです(ツェルトⅡロング) | almostdead
■287 ツェルトにシーム処理を施すのです | almostdead
■288 シーム処理したツェルトを近所の公園で試すのです | almostdead

近くに野宿のできる場所があれば
そこでもよかったのですが、
あいにく近所で野宿すると
通報されてしまいそうなので
何度か登ったことのある宝満山へ
行ってみることにしました。

■宝満山 – Wikipedia

宝満山は、福岡では結構知られている山で
標高はそんなに高くはないものの
2時間弱の行程がほどよくて
老若男女問わず、いろんな人が登っている場所です。

僕も一昨年くらいに初めて行ってみたのですが、
頂上前に分岐があり、その先にキャンプセンターがあって
テントを張れる、とのことだったので
今回の目的に最適でした。

■宝満山キャンプセンター

前編では宝満山までのアクセス、
後編ではテントを張って一泊、
という感じに分けて書いてみようと思います。




続きを読む


290 寝袋使ってベランダで寝てみたのです(モンベル スパイラルダウンハガー #7)

ちょうどいい寒さだったのです

image
布団に入ってみたものの、もちもちして眠れず
「うーむ、眠れんのならいっそ眠らなくていい状況にしよう」と
寝袋を持ってベランダへ行ってみました。

前々から寝袋の適温について
実際に体験して結果を知りたくもあったので
ちょうどいい機会になりました。

今回実験してみるのはモンベルの
「スパイラルダウンハガー#7」です。

このモデルは軽くて小さいので
夏に自転車なんかでキャンプに行く人にも人気で、
僕も軽さにつられて買ってみた口です。

何度かフィールドで使ってみたところ
「あれ?思ったよりも寒いぞ?」と
少し感じていたので、
もうちょっと試してみることにしました。

スペック的には
650フィルパワーのダウンで590g(本体重量)。
快適睡眠温度域が10度、
使用限界温度が3度となっています。






続きを読む


289 タブレットを割ったので買い換えた話なのです(thinkpad8)

割れました

image
先日、自転車をこいでいたところ
鞄から荷物がすべり落ちてしまい
「グシャン!」と鈍い音が響きました。

なんというか、こういうときは
「まずは無心になろう」と目のハイライトが消えます。
足の小指をなにかにぶつけたときに
ワンテンポ遅れてくる激痛に備えるような、
そんな気持ちで現実に直面します。

荷物を拾い上げてみると
無事タブレットの画面が割れていました。

無心でいなければ膝から崩れおちていましたが、
家に帰り着いておもむろにベッドへ倒れ込みました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6399821891629502"
data-ad-slot="2080360335"
data-ad-format="auto">


続きを読む